忍者ブログ
竹林記者の独りよがりの雑文です。泣き言、反省、得意げ、怒り・・。暇つぶしにも足りませんがよろしかったら・・。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
[194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昔の競輪は、番手が強い本命ならズブズブが本線だった。本命の使命感でゴールは思いっきり踏むと考えて車券を買った。それでも逃げが強ければ残るし、番手で競りがあれば逃げ切りだった。いつからか番手の選手が先行を残す、庇うのが美徳となった。もちろん捲りをブロックするのは昔からあったし前を援護するのも同様だ。ただそれは全てが自分が勝つための運行だった。時が流れ「番手」と「先行」の関係は内向きに病んでいった。客は勝つために踏むだろうと思い、選手はレースは今日だけじゃない、過剰な「前残し」を平然とやるようになった。差しっぱぐれなのか、はたまた差さず。そんなことまで考えて車券を買わねばならぬのか。嘆かわしきかな!
PR
忍者ブログ[PR]