忍者ブログ
竹林記者の独りよがりの雑文です。泣き言、反省、得意げ、怒り・・。暇つぶしにも足りませんがよろしかったら・・。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
[158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競輪専門紙を作成するにおいて、出走メンバーの最終校正は対面で読み合わせる。
「一番車から、サトウテイリョウ、スズキリョウコウ……」などと、名前を音読みにするのは、漢字がすっと頭に浮かぶようにするための工夫である。
名前を読み終わると、各選手のギヤ倍数の校正もする。「一番車から、ロクヨン、ハチロク、ゴーナナ、ヨンテンチョウド……」、といった具合だ。昔は一日に四回転以上のギヤを声に出すことはほとんどなかった。……もちろん、ベテランに大ギヤ選手はちらほらいたけれど……、昨今の比ではなかった。と、いうより、山崎芳の四回転登場までは長い間、四回転は稀なギヤ倍数だったのだ。
「一番車から、ロクヨン、ロクヨン、ヨンテンチョウド、ハチゴー、ヨンテンチョウド、もうひとつヨンテンチョウド……」と、同じレースに三人、四回転なんてこともある。
けっこう器用な選手だったはずと、某選手が自在に走る車券を買ったら、単純なカマシ不発だった。レースが終わってから、某が四回転で走っているのを知った。四回転の自在型なんて、いないもんなあ。
PR
忍者ブログ[PR]