忍者ブログ
竹林記者の独りよがりの雑文です。泣き言、反省、得意げ、怒り・・。暇つぶしにも足りませんがよろしかったら・・。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
[166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

厄介ごとが半分済んだので、ちっぽけな開放感が身の内に起こり銀座へ向かったのだが、今度はその車中で読んだスポーツ新聞に惹かれて行き先を変えてしまう。今井祐介の九連勝だ、と花月園に出張ってしまった。八月八日は俺にとって「X DAY」だったので「8」は気にしていた。キオスクで買った専門紙の頭には「友引」の文字。「8番」は頭の中に在ったのだが……。
平原輝で固そうな敗者戦は①平原に⑦畑野薫-⑧山田哲で飛び付いて、直線は①と⑧の写真判定だった。
午前中に打たれた注射のせいにしてもはじまらないが、頭がぼうっとしている。
九レースは①③⑥と入って3連複が十二万余りで3連単は半分の六万ちょっと。「こんなのギャンブルじゃない」と吐き捨てた人が俺の周りで少なくとも三人。俺も心の中で相槌を打った。
そして今日のメイン(あくまで俺の中での)。今井からどこを買うか。デビュー後負けなしの岩本俊介か、函館で強いところを見ている阿部大樹か。岩本は四人ライン、でも一番先頭だ。阿部は単騎。迷いに迷って(というか配当に負けて)今井-阿部を厚く買った。あとは阿部-今井に、⑧江本道明の2着と3着の車券も加えた。
今井を引き出すべく同県後輩がメイチの逃げを打ったが、それを叩いてしまった岩本はやっぱり強い。ただ今井はまだ脚を使っていない。バックから自力でひと捲りだった。スタートから今井を受けたようにも見えた阿部も一緒に踏んで、「よし!」と俺の声が出た途端に、俺の目の前で阿部はバンクに叩きつけられていた。
今井、岩本と力の一番人気がゴールを目指す。離れて追っていったのは落車を避けた⑧江本だった。
八月八日友引。厄介ごとが済んでもギャンブルはどんどん下手になってゆく。

PR
忍者ブログ[PR]