忍者ブログ
竹林記者の独りよがりの雑文です。泣き言、反省、得意げ、怒り・・。暇つぶしにも足りませんがよろしかったら・・。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
[176] [175] [174] [173] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

奇しくも本紙、一宮・初日、七レースの原稿はぼくが書いた。
悲劇の起きたオールスター初日・七レースの原稿だ。
九人のメンバーを見たとき最初に思ったのは、内田慶はどうするんだろう? だった。
現場からの第一報、内田のコメントは「近畿勢の後ろから」だったが、最終的には「位置を決めず先手ライン」に落ち着いた。
コメントの変化、単騎での闘いをどう扱うか迷った末にぼくが九番車の内田に付けた印は「注」だった。その「注」が内田に対する最後の印となってしまうとは……。

検車場で取材を受けながら時折見せる、内田選手のはにかんだような微笑を忘れないでいる。

内田慶、競輪選手でファイター、旅立ったとき二十七歳だった。
PR
忍者ブログ[PR]